MDM

MDM(モバイルデバイス管理)とは

MDM(モバイルデバイス管理)とは

MDMとは「Mobile Device Management」の略で業務利用するiOSやAndroidなどのスマートフォン、タブレットなどの端末を管理するシステムのことを指します。 iOS/Android端末は高性能で利便性があるというメリットがあり、業務用で利用する企業も増えています。 一方、業務用で利用する端末には、企業情報や顧客情報などの個人情報が入っている端末を盗難、紛失・漏えいした場合は取引先に対して信用の失墜や自社のブランドイメージ低下など経済的損失を生んでしまいます。その様なセキュリティリスクに備えた対策が「MDM」です MDMの機能 MDMには会社支給端末が盗難、紛失、漏えいなどした場合に備えた多くの機能があります。MDMの主な機能について以下に紹介します。 リモートロック モバイル端末を遠隔操作し、端末をロックする機能です。 端末をロックする事でデバイスを利用した不正な操作を防止します。 リモートワイプ モバイル端末を遠隔操作し、端末に保存されているデータを削除する機能です。 位置情報の取得 位置情報をGPSで取得し、現在地を確認することができる機能です。 紛失した端末の発見や、社員の行動管理に役立てていただけます。 アプリケーション管理 会社で支給しているモバイル端末のアプリケーション配布や配布したアプリケーションの削除を行うことができます。 パスワードポリシー設定 パスワードの桁数、英数字、複合文字など会社共通のパスワードポリシーを端末へ一括適用できます。 MDMのメリット MDMには、多くのメリットがあります。以下のメリットがあります。 情報漏洩の防止 端末の紛失や盗難の際に、情報が漏洩するのを防ぐことができます。 私的利用の防止 会社支給のスマートフォン、タブレット等の端末を業務以外の用途に使うのを防止します。 端末情報の収集 端末がいま、どのような状況にあるかを確認できる。 端末の一元管理 複数の端末を一括管理することが可能なため、アプリの一斉インストールや、セキュリティポリシーの一斉適用が可能になります。 さいごに…