情報セキュリティ対策

企業における情報漏洩の危険性は様々ではありますが、特に顧客情報を含む個人情報や経理情報などは漏洩した際の影響が非常に大きくなっています。

また、マイナンバー制度導入により、これまで以上に企業の情報管理、情報セキュリティ対策の重要性が高まってきています。以下の情報セキュリティ対策3要素に沿って適切な対策を取ることが必要です。

情報セキュリティ3要素

1.機密性

・情報資産を正当な権利を持った人だけが使用できる状態にしておくこと。
情報漏洩防止、アクセス権の設定、暗号の利用などの対策。

2.完全性

・情報資産が正当な権利を持たない人により変更されていないことを確実にしておくこと。
改ざん防止、検出などの対策。

3.可用性

・情報資産を必要なときに使用できること。
電源対策、システムの二重化、バックアップ、災害復旧計画などの対策。

情報セキュリティが施されたオフィスイメージ

<図中の各画像をクリックしていただくと対策事例の説明がご覧いただけます>

次世代ファイアウォール(NGFW)

現在の企業や組織において、サイバー攻撃への脅威に備えるべく、セキュリティ対策は、欠かせないものとなっております。ファイアウォールやVPN機能、アンチウイルス、不正侵入、迷惑メール対策、Webフィルタリングといった複数のセキュリティ機能を統合的に管理する事が可能なセキュリティルーターです。

Rack

ルーターやモデムなどのネットワーク機器や通信機器だけでなく、企業の情報資産を大量に抱えるサーバも収容可能です。施錠管理が可能な為、物理的なアクセスを防ぐ事もできます。Rackにネットワーク機器などを収納する事で断線やケーブル抜けによるネットワークのトラブルも回避する事ができます。

RSW

小規模事業所や中小企業においてシステム管理者不在の環境においてリアルタイムなネットワーク把握、監視やログ収集ができることにより、障害時の復旧までの時間が軽減できます。本来、専用のシステム・ネットワーク管理に特化した人材を雇用するコストを軽減し、リモートサービスにより、安価に障害時に対応できます。

F-secure(ウイルス対策ソフト)

パソコンがウイルスに感染しない為に、セキュリティ対策ソフトの導入をしましょう。ウイルスは日に日に次々と新種のウイルスが登場します。メールやインターネットを通じて入ってくるウイルスを常に監視し、パソコンを正常な状態に保っておく必要があります。

防犯カメラ

会社やオフィスへの侵入者を常に監視し、不審な人物の未然侵入防止、防犯カメラでの映像を記録しておく事により、書類や社内備品盗難抑止に役立ちます。

パーティション

パーティションはオフィスの目的・用途に合わせて仕切る為のツールです。関係者以外の立ち入り区域設置や覗き見を防止する事でセキュリティ性を高めるのに必要不可欠なツールです。また、用途により、カラーやデザインも選択できる為、オフィスの雰囲気に合わせたおしゃれなパーティションも設置できます。

入退室管理システム

会社やオフィスのセキュリティ強化に不可欠な入退室管理システム。いつ、どこに誰が入室したかを管理・記録するシステムです。機密情報の漏洩防止のだけではなく不審者の入室を防ぎ、不審な持ち物の持ち込みも防ぐ事ができます。

シュレッダー

機密書類や顧客情報に関する書類など、誰かが不正に漏らすだけでなく、置き忘れや紛失など人的なミスからも情報は漏れてしまう場合があります。その為にも紙の管理を徹底することが求められています。社内の重要な機密書類を裁断して紙媒体での情報漏洩を防ぐ事ができます。

サーバ

企業において最適な情報管理を行う為に、データ保存やバックアップを行っておく際にサーバは重要な役割を担います。万が一ウイルスに感染した際に社内データや重要な顧客情報等を紛失してしまった時にデータ復旧に役立ちます。

パソコン

セキュリティワイヤーでパソコンを固定し、第3者によるパソコンの盗難や不正な持ち出しを防止します。ちょっとした離席中にパソコンを不正に操作されたり、重要情報を盗み見されない様に、セキュリティフィルムやスクリーンセーバーでディスプレイを保護し、覗き見を防止する事ができます。ログインする際にIDやパスワードを設定し、第3者による不正なログインを防止します。

指紋認証マウス

指紋や静脈といった人により異なる生体情報をログインシステムに取り入れることで、万が一、ログインパスワードが流出した際やログインキー紛失などといった要因による不正アクセスのリスクを軽減する事ができます。

USBメモリ

USBメモリを使う上でもっとも危険なのは、紛失や盗難によりUSBの中身が流出することです。こういったトラブルへの対策として、USBを暗号化しておくことが有効です。情報漏洩対策でUSBメモリでメインとなる機能は「ハードウェア暗号化」や「ウイルスチェック」暗号化機能です。

金庫

会社の経理に関する情報などの重要書類を保管し、外部からの侵入者による不正な書類の持ち出しを防止する事ができます。また、防火機能がついた金庫もあり、セキュリティ対策だけではなく、万が一の災害の際にも災害対策として役に立ちます。

次のページへ