NHKオンデマンドを騙るフィッシングメールを確認

     
20171128

NHKの有料動画配信サービス「NHKオンデマンド」を装ったフィッシングメールが出回っているとして、同局はHP上で注意喚起を行っています。

このフィッシングメールは「ご購入手続き完了」という件名で、同局の実在する番組「ドキュメント72時間」の購入手続きが完了したと称し、本文内に記載されている関係のないURLへのアクセスを誘導する内容。

同局では、NHK及びNHKオンデマンドとは一切関係ないとし、身に覚えのないメールを受信した場合は、リンクなどを開かずにメールごと破棄するよう呼び掛けている。

NHKオンデマンドを騙るフィッシングメールの例(こちらをクリックしてください)

2017年のフィッシング攻撃被害

フィッシング対策協議会が公表している資料によると、今年フィッシング対策協議会に寄せられている報告件数(海外含む)は2017年1月~10月までで約7251件。

昨年2016年1月~10月間の同時期でのフィッシング被害の合計件数は10,044件。昨年比で約3000件被害が減少している。

<図2>フィッシング被害件数の推移(フィッシング対策協議会掲載資料より引用)

フィッシング被害件数

さいごに

AppleやLINEなどサイバー犯罪者が有名企業を騙る背景には、知名度や利用者の多いブランド企業を名乗ることでユーザを騙しやすい事や利用者の多いブランド企業ユーザをターゲットとすることで、利用者から個人情報を取得することが狙いとみられる。

現時点でのフィッシング被害は昨年比約3000件減少しているものの、セキュリティ事件・事故が多くなる長期休暇期間(年末年始)も近付いているため、まだまだ油断はできません。

セキュリティの画像

情報セキュリティに関することならお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら