音源だけでPCを破壊する「ブルーノート攻撃」・・・研究者らが警鐘

     
20180629

PCに搭載されている内蔵スピーカーや近くにあるスピーカーから音を鳴らすだけでPCを破壊する「ブルーノート攻撃」についてミシガン大学と浙江大学の研究チームが発表しました。

このブルーノート攻撃は、特定の周波数で一定時間以上PC本体のスピーカーやPC付近のスピーカーから流すことによってHDDが故障し、PCが正常に動作しなくなるという攻撃です。

研究チームによると、音の振動でハードディスクの読み書きヘッドとプラッターがそれぞれ振動し、振幅が限界を超えるとハードディスクが損傷し、ソフトウェアが誤作動することで、ファイルシステムが破壊されクラッシュやリブートに至ると説明しています。

ブルーノート攻撃

監視カメラへもブルーノート攻撃は可能

ブルーノート攻撃はPCだけではなく、監視カメラなどへの攻撃の可能性もあります。

例えば、監視カメラの映像を保存しているHDDがブルーノート攻撃を受けた場合、HDDへ録画データを書き込めなくなる危険性を研究者らは指摘しています。

対策として、監視カメラのファームウェアをアップデートすることによって脆弱性を解消することを研究成果内発表しています。

防犯カメラ

さいごに

HDDは、プラッターが高速回転し、ヘッドが動くことでデータを読み書きする仕組みです。いわゆるCDプレーヤーが回転するのと同じような動きのイメージです。

一方SSDは、「ソリッドステートドライブ(solid state drive)」部品が動くことなくデータを読み書きできる仕組みになっています。

最近はSSDを搭載するPCも増えており、SSDを内蔵したPCであれば、ブルーノート攻撃を受けた場合でも、PCがクラッシュする心配はありません。PC買い替えを検討されている方は、SSD内蔵のPCを検討するのも良いかもしれないですね。

LINEフィッシングメールの例

情報セキュリティに関することならお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら